冷凍だけではない冷凍車

多忙すぎる現代社会には冷凍のレトルト食品が不可欠の食品になっているとも言えますが、冷凍食品が流通するために冷凍車がなくてはなりません。冷凍車が存在しなければ、そもそも冷凍のレトルト食品がスーパーマーケットやコンビニに並ばないのです。やはり自力で料理を作って、冷凍するしか手が無くなってしまいます。
仮に冷凍車がなかったと仮定すると、我々の食生活は大分異なっていただろうと思われます。冷凍車がないとすると様々な食品はその土地だけでしか食べられないことになり、中でもソフトクリームなどは持ち運ぶことが大分困難なので、今では数多くあるアイスのフランチャイズ店は営業していなかったことになります。
現在ではトラックをベースにした冷凍車が当たり前にありますが、元来冷凍車とは鉄道事業から始まりました。鉄道の本場アメリカで冷凍食品を輸送するための鉄道用コンテナが作られました。そのコンテナが徐々に陸上にも取り入れられるようになっていきました。日本国内でも徐々にメジャーになりました。
冷凍車そのものを理解するためには、保冷車と比べると分かりやすいと思います。保冷車とは貨物車の荷台に断熱材が使われている自動車を言います。そのため食品をある程度冷えた状態のまま運送できます。ですが、冷凍車のように、荷台部分の中をマイナス状態まで冷却するような能力はないです。

陸上輸送を専業でやっている会社ならば当然ですが、アイスなどを扱っている食品メーカーでも冷凍車は欠かせません。また、氷のディスプレイを扱っているイベント業者も冷凍車が不可欠です。冷蔵機能と冷凍を両方持ったタイプが普通です。活用の範囲はすごく広大です。
通常の冷凍車は冷凍だけではなくて、冷蔵輸送まで可能です。そのため、生の食べ物から冷凍した食品まで、さまざまな食品の運搬に使い回せます。その点は利点と言えます。輸送会社にとっても輸送できる荷物の幅が広がるため、ビジネスチャンスを違った形で掘り起こせるようになるのです。

文字通り冷凍車です。冷凍食品は基本的に何でも運送できます。冷凍車は冷蔵車としても使用できるので、運搬できる食品は多岐にわたります。生魚や乳飲料、生野菜、お惣菜など何から何までオッケーです。超低温冷凍車なら冷凍果実も完璧な状態で輸送が可能です。氷のオブジェを丸ごと運送もできます。
断熱機能は冷凍車も保冷車も両方に付いていますが、冷蔵機は冷凍車のみにしか付属してません。そのため短い時間で配達できる品物ないと保冷車は使用不可能で時間をかけて冷凍食品などを運ぶ場合には必ず冷凍車を用いなくては駄目になっています。

Leave a Reply

*